新築で一戸建て住宅を建てたとしても、新築から数えて10年ぐらいが経過したら、リフォームが必要となってくるのです。いや、その家々で違うので断定することはできませんが、しかし目安として「新築から約10年後にリフォーム」ということは、頭のどこかに入れておいた方がいいでしょう。だいたい築10年ほどで、どこかしら直す箇所が出てくる傾向がありますから。

そしてだからこそ、一戸建て住宅を新築したらすぐにでもリフォーム資金の用意をはじめるのがいいのです。いざ、リフォームが必要となってからでは、リフォーム資金をかき集めるのも一苦労でしょう。壁紙のリフォームぐらいしたら、ボーナスを使わずともなんとかなることも多いでしょうけれど、しかし住宅設備となったら大問題です。まとまったお金が必要となりますからね。

それに、壁紙とは違って住宅設備はごまかすことができませんからね。壊れたら故障をせざるを得ないのです。そしてだからこそ「リフォーム資金」が大事だというものなんです!ご準備を。